B工事のメリットとデメリットを考えたときのポイント

工事作業員

CONTENTS

B工事の問題とは

B工事というのは、重要な部分を工事する場合の区分になります。それはをテナント側が依頼するときに必要になってくることになります。それはよいのですが、ビル側の…

B工事の工事区分は貸方基準を確認しよう

A工事、B工事、C工事の違いを把握するためにはまず「貸方基準」を理解する必要があります。貸方基準とはビルを工事する際の決まりのことで、建築関係、電気関係、…

B工事はどうしても費用が高くなる

B工事というのは、どうしても相場よりも工事金額が高くなってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとオーナーの指…

B工事にするにはいろいろと事情がある

B工事というのは、どうしても費用がかなり嵩んでしまう、という傾向があります。そもそもB工事とはどんな工事が該当するのか、となりますがこれは本当に色々とあり…

B工事にするにはいろいろと事情がある

B工事というのは、どうしても費用がかなり嵩んでしまう、という傾向があります。そもそもB工事とはどんな工事が該当するのか、となりますがこれは本当に色々とあります。水周りもそうですし、或いは耐震性に影響があるようなところ、防火性に影響があるところ、或いは換気系、エアコンなんかもそれに該当することがあります。つまりは、建物全体に影響があるような部分、影響を及ぼしてしまうので自分のところだけで済むわけではない、というのがB工事になります。
そして、この工事の特徴となるのが自由に業者を選ぶことができない、ということです。そうなりますとどうしても相見積もりができないようになってしまうのです。工事を少しでも安くするコツとしてあるのが相見積もりであるわけですが、それができないとなりますとほぼ言いなりでやってもらうことになります。それはオーナーが指定する業者を使うこと、というのがB工事の最大の特徴であるからです。オーナー側からすれば信用できるかどうかわからない業者に勝手にやられては困る、ということになります。ですから、オーナーが指定をする業者を絶対に使う必要があるのがB工事であり、そこが最大のネックでもあります。

TOP