B工事のメリットとデメリットを考えたときのポイント

工事作業員

CONTENTS

B工事の問題とは

B工事というのは、重要な部分を工事する場合の区分になります。それはをテナント側が依頼するときに必要になってくることになります。それはよいのですが、ビル側の…

B工事の工事区分は貸方基準を確認しよう

A工事、B工事、C工事の違いを把握するためにはまず「貸方基準」を理解する必要があります。貸方基準とはビルを工事する際の決まりのことで、建築関係、電気関係、…

B工事はどうしても費用が高くなる

B工事というのは、どうしても相場よりも工事金額が高くなってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとオーナーの指…

B工事にするにはいろいろと事情がある

B工事というのは、どうしても費用がかなり嵩んでしまう、という傾向があります。そもそもB工事とはどんな工事が該当するのか、となりますがこれは本当に色々とあり…

B工事の問題とは

B工事というのは、重要な部分を工事する場合の区分になります。それはをテナント側が依頼するときに必要になってくることになります。それはよいのですが、ビル側の指定業者が行うことになりますから、はっきりいって、そこが物凄いネックとなるような部分としてあるのです。
ビル側から業者を指定してもらうことができるのであれば、それは楽では、と思うかもしませんが、それは要するに指定業者であるからこそ、費用がコントロールできない、ということになります。入居者はB工事の費用をいわれた通り、支払うしかない、ということになります。そもそもビルオーナー自体は支払うことがないのですから、わざわざ業者と価格交渉をすることも殆どなく、それが最大のネックであるといえるでしょう。
つまりは、ほぼ言い値で工事をする、ということになります。ですから、同じ工事を行う場合、指定工事業者の方が相場よりも高くなる可能性が極めて高い、ということになりますから、そこがB工事の特徴であり、厳しいところであるといえるでしょう。それでもより効率的にテナントを活用するためには必須ともいえる部分がいくつもありますから、やるしかない、ということも多いです。

TOP