B工事のメリットとデメリットを考えたときのポイント

工事作業員

CONTENTS

B工事の問題とは

B工事というのは、重要な部分を工事する場合の区分になります。それはをテナント側が依頼するときに必要になってくることになります。それはよいのですが、ビル側の…

B工事の工事区分は貸方基準を確認しよう

A工事、B工事、C工事の違いを把握するためにはまず「貸方基準」を理解する必要があります。貸方基準とはビルを工事する際の決まりのことで、建築関係、電気関係、…

B工事はどうしても費用が高くなる

B工事というのは、どうしても相場よりも工事金額が高くなってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとオーナーの指…

B工事にするにはいろいろと事情がある

B工事というのは、どうしても費用がかなり嵩んでしまう、という傾向があります。そもそもB工事とはどんな工事が該当するのか、となりますがこれは本当に色々とあり…

B工事はどうしても費用が高くなる

B工事というのは、どうしても相場よりも工事金額が高くなってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとオーナーの指定する業者を使う必要があるからです。つまりは、見積もりができない、ということになりますから、これをよく知っておきましょう。ですから、非常に相場よりも高くなります。
当然ですが、そもそも交渉の余地がないのです。やりたいのであれば、この業者で、となるわけです。またオーナーも自分自身の懐が痛むことがあるわけではありませんから、どうしてもかなり大変なことになってしまうのです。ですが、それでもB工事はしっかりとする必要があることも多く、よりキチンとテナントを使うためには必須となることがあるわけです。そのことをよく理解しておいて、上手くB工事を完了させるようにしましょう。それこそが何よりも大事なことになります。
ちなみにそこで生まれた付加価値というのも実はオーナーのものになることが殆どです。もちろん、契約のやり方次第ではそうでもないことがあるのですが、基本的にはそうなりますから、覚悟しておきましょう。つまりは、使うこと以外にテナント側にはメリットはないのです。

TOP