B工事のメリットとデメリットを考えたときのポイント

工事作業員

CONTENTS

B工事の問題とは

B工事というのは、重要な部分を工事する場合の区分になります。それはをテナント側が依頼するときに必要になってくることになります。それはよいのですが、ビル側の…

B工事の工事区分は貸方基準を確認しよう

A工事、B工事、C工事の違いを把握するためにはまず「貸方基準」を理解する必要があります。貸方基準とはビルを工事する際の決まりのことで、建築関係、電気関係、…

B工事はどうしても費用が高くなる

B工事というのは、どうしても相場よりも工事金額が高くなってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとオーナーの指…

B工事にするにはいろいろと事情がある

B工事というのは、どうしても費用がかなり嵩んでしまう、という傾向があります。そもそもB工事とはどんな工事が該当するのか、となりますがこれは本当に色々とあり…

B工事の工事区分は貸方基準を確認しよう

A工事、B工事、C工事の違いを把握するためにはまず「貸方基準」を理解する必要があります。貸方基準とはビルを工事する際の決まりのことで、建築関係、電気関係、空調関係などの工事の系統毎にどの業者がその工事を行い、支払いを誰が持つかを規定しています。その規定に基づいてA工事、B工事、C工事の3種類に工事の区分が別れているのです。
まずA工事はビルのオーナー指定の業者が工事し、費用もオーナーが支払う工事区分のことです。こちらはビル本体や電気、水回り、エレベーターの設置などビルの機能そのものに関わる部分で行われます。次にB工事は、ビルのオーナー指定の業者が工事を行い、費用は借り主の負担になる工事区分です。テナントの壁や天井、電気などビル本体にもテナントにも関係がある部分で、どこまでがB区分か事前にしっかりと貸方基準を確認しておくことが大切になります。最後のC区分は借り主指定の業者が工事をし、費用の負担も借り主がする工事区分になります。C区分はテナントの一部の改装など、主にテナントのみに関わる小規模な工事がこれに当たります。
ビルによっては貸方基準のない所もありますが、それでもどの工事がどの区分になるかは避けて通れないことです。その場合もやはりビルのオーナーにきちんと工事区分の相談をしておくのが今後のためになるでしょう。

TOP