B工事のメリットとデメリットを考えたときのポイント

工事作業員

CONTENTS

B工事の問題とは

B工事というのは、重要な部分を工事する場合の区分になります。それはをテナント側が依頼するときに必要になってくることになります。それはよいのですが、ビル側の…

B工事の工事区分は貸方基準を確認しよう

A工事、B工事、C工事の違いを把握するためにはまず「貸方基準」を理解する必要があります。貸方基準とはビルを工事する際の決まりのことで、建築関係、電気関係、…

B工事はどうしても費用が高くなる

B工事というのは、どうしても相場よりも工事金額が高くなってしまうことになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとオーナーの指…

B工事にするにはいろいろと事情がある

B工事というのは、どうしても費用がかなり嵩んでしまう、という傾向があります。そもそもB工事とはどんな工事が該当するのか、となりますがこれは本当に色々とあり…

B工事というオフィスの工事区分

男性二人

B工事というのは、入居者が発注することになる工事の一つになります。オフィスということでは、要するにテナントに入る人、ということになります。工事費は入居者が負担することになります。そして、オーナー指定の業者を利用して、施工していく工事になります。ここが非常に大事なことであり、多くの特徴であるといえるでしょう。
費用負担は入居者になるのですが、管理権は多くの場合、オーナー側が持つ、ということになります。どうしてこんなことになるのか、といいますとB工事とは要するに入居者の区画内ではあるのですが、ビル全体の施設および安全性などに影響が与えてしまうような部分の工事を指すからです。自由ではなく、キチンとオーナー側に伝える必要がありますし、指定する業者でないとさすがにまずい、ということになります。ですから、細かい規則がありますし、それを勝手な業者に守らせるのは難しいので、まずは指定する業者を利用する、ということになるのです。
B工事とは、かなり費用がかかることになります。相場よりも高い、というのが当たり前になりますから、これはさすがに覚悟しておくしかないでしょう。それがB工事ということになりますから、覚えておきましょう。

B工事におけるポイントとは

いろいろなオフィスやテナントなどの工事区分があります。その一つとして、B工事というのがあるのです。B工事はテナントの費用負担で行うことになります。そして、オーナーが指定した業者が施工をすることになります。テナントが自らの希望することによって、まずは工事の依頼がされることになります。例えば、ビルの標準仕様に変更などをする場合に行うことになる工事なのです。
具体的にどんなことであるのか、といいますと絶対的というわけではないのですが、壁、床、扉、天井などにおける躯体に付随しているものに関する工事、証明機器などのスイッチ、電気関係の工事、テナントの仕切りなどに伴う防災設備に関する部分などになります。もちろん、これ以外にもいろいろとありますが、とにかくオーナーがB工事としたのであればそればそうなります。ですから、まずはそれを確認するようにしたほうがよいでしょう。
さすがに色々と大変な工事ではあるのですが、それでもしたほうがよい、ということではありますし、よりテナントを効率的に利用す、ということには必要になってくることになりますから、よくよく計画をして、しっかりと実行できるようになっておきましょう。

B工事の業者

B工事とは、いろいろとメリットがあるのですが、とにかくやらないといけないこともあります。B工事というのは、テナントが指定する部分をやるわけですが、それでもオーナーが指定する業者にお願いすることになります。実はここがネックになります。B工事においてそこが最も大きなネックな部分になります。
どうしてか、といいますとオーナーが負担するわけではないのにオーナーが指定する業者を使うわけです。そうなりますと見積もりをすることができない、ということになりますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。それでもやらないといけないようなことはいくつもあります。
たとえば電気設備に関することなどはやらないと現状の状況では回らない、ということもあるでしょう。仕切りなどを取り払ったりする、或いは増設する場合などは防火性に影響があることがありますから、キチンとB工事にしないといない、ということになります。そうしたことがありますから、基本的にはB工事はとても大事なことであり、上手く計画を立てるようにしましょう。費用に関しては嵩んでしまうことになる可能性が極めて高いといえるのですが、それでも業者は自分では決められないのです。

TOP